06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏話 七十六

今回の裏話は『七十六 言えない』です






サブタイトルは間違いではありません
二つの言えない事があるので、こうなりました

一つはアレリード侯爵夫人に言えない本当の理由
もう一つはエンゲルブレクトに言えない心の内ですね

覚醒したルードヴィグは、やっぱり父親のアルベルトと対峙しておくべきでしょう
という事で、冒頭は親子の対話です
父ちゃんもびっくりの息子の変貌ぶり
何があったのか、理由を知りたいでしょうね

アンネゲルトのアクセサリーは、本人が購入しようとしないので、代理でティルラがいくつか見立てています
離宮修繕の職人を選んだ後は、彼等の中の工房に注文していました
アンネゲルトは知りません
事後承諾
でも奈々は知っている

外遊に出るなら、本当はスイーオネース製のドレスを持っていくべきなんですけど、
今スイーオネースは帝国風のドレスが流行っているので、スイーオネース製のドレスは絶滅状態です
大抵の貴婦人は帝国に注文するので
帝国風のドレスを作れる仕立て屋が、まだ数少ないんです
メリザンドはいますが、彼女はアンネゲルトやクロジンデの注文を優先させているので、他の貴婦人の注文まで手が回りません
そのうち人を増やして手広くやっていくかもしれません
その前にアンネゲルトがもっと軽いドレスを作るよう頼むかも……

アンネゲルトが告白出来ないのは、立場がまだ王太子妃だからでした
まずは婚姻無効ですね
その前に東域外遊が控えていますが
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

斎木リコ

Author:斎木リコ
こちらは「小説家になろう」にて作品を発表している斎木リコのブログになります
書いたものに関するあれこれを書いてあったりなかったりします

「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

発売中

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。